MAPLUSポータブルナビ

スポンサードリンク

PSPカーナビとは、MAPLUSポータブルナビのことでPSPを使ったカーナビです。ちなみにPSPとは、ソニーから発売されている携帯用ゲーム機です。正式にはプレイステーションポータブルといいます。
MAPLUSポータブルナビはこのPSP用のソフトですが、ゲームソフトではなくナビゲーションソフトです。PSP専用のGPS(グローバル・ボジショニング・システム)レシーバーを装着することで、カーナビとしてPSPを使用することができます。

特徴

PSPカーナビの優れた点は、車に限らず徒歩でも使用できるところにあります。ソフトには、日本全国の道路地図とおよそ65万件の施設データが詰まっていますので、行きたい目的地を入力すれば、そこまでの道順を示してくれます。また、音声によるナビゲーション機能もあります。
また自分が通ってきた道を記録しておく機能もあり、たとえば、初めて通る道でも帰り道に困ることはありません。登録されている施設データの他にもユーザーが自分でポイントを入力することが出来るのが特徴です。たとえば自宅とか友人の家やマイナーなお店でもなんでも、次からは住所を入れなくてもそのポイント名を指定するだけで入力できるのです。また、公式サイトでは随時この施設データは更新されており、ダウンロードで追加できるのも便利な機能ですね。

スポンサードリンク





セットで買えばお安くなります

価格は、MAPLUSポータブルナビのソフトだけで定価7140円、GPSレシーバー(PSP290)は定価6000円です。しかし、同梱セットも用意してあってこちらは定価10500円と、バラバラで買うより随分お得になっています。このソフトは、売り上げ10万本を越える大ヒット作で、2007年12月20日はさらに機能を向上させた『MAPLUS ポータブルナビ2』も発売されています。